ギヤの課題は
こう解決する!
ギヤの課題解決!事例
HAGURUMAGAZINE

種類別 ギヤ(歯車)の特徴と用途

自社に合った ギヤ(歯車)製造・加工メーカーが見つかる!はぐるマガジン » 種類別 ギヤ(歯車)の特徴と用途

平歯車(スパーギヤ)

平歯車(スパーギヤ)は歯車の中ではシンプルな歯車で、歯車の基本形ともいえるものです。まっすぐな歯筋が軸に対して直角に切られた形状で、シンプルゆえに製造しやすく、精度を高めやすい平歯車の特徴や主な製品の例、長所や短所をご説明します。

平歯車(スパーギヤ)の特徴と
長所・短所について詳細を見る

はすば歯車(ヘリカルギヤ)

はすば歯車(ヘリカルギヤ)は、歯筋が軸に対して斜めになった、ねじれ角を持つ歯車です。歯の噛み合い率が高いことから、自動車をはじめとした工業製品に多く使われるはすば歯車の特徴、長所と短所、使用例については、こちらをご覧ください。

はすば歯車(ヘリカルギヤ)の特徴と
長所・短所について詳細を見る

やまば歯車(ダブルヘリカルギヤ)

やまば歯車(ダブルヘリカルギヤ)は、はすば歯車をふたつ組み合わせた形状の歯車。歯筋の傾きが逆になった歯車を組み合わせることで、はすば歯車で発生するスラスト荷重を打ち消すように作られています。やまば歯車の特徴や用途、長所と短所をご紹介します。

やまば歯車(ダブルヘリカルギヤ)の特徴と
長所・短所について詳細を見る

内歯車(インターナルギヤ)

内歯車(インターナルギヤ)は円筒の内側に歯が切られたギヤで、ピニオンと呼ばれる小さな歯車と組み合わせて使われます。AT車のトランスミッションに使われる遊星歯車装置をはじめとした内歯車の特徴と主な用途、長所と短所について、ご説明します。

内歯車(インターナルギヤ)の特徴と
長所・短所について詳細を見る

やりたいことが叶えられるギヤ
(歯車)を見つける

ラック&ピニオン

ラックは板または棒状のギヤで、小型の歯車・ピニオンと組み合わせて使われます。回転運動を直線運動に変換するギヤ、ラック&ピニオンの特徴と用途、長所と短所について、解説しました。

ラック&ピニオンの特徴と
長所・短所について詳細を見る

かさ歯車(ベベルギヤ)

かさ歯車(ベベルギヤ)は、円錐台のベースに歯が切られた歯車。傘のような見た目から、かさ歯車と呼ばれます。かさ歯車は、歯の形状によっていくつかの種類に分けられますが、共通しているのは動力が伝達する方向を変えられること。このページでは、かさ歯車の種類をご紹介しています。

かさ歯車(ベベルギヤ)の特徴と
長所・短所について詳細を見る

すぐばかさ歯車(ストレートベベルギヤ)

すぐばかさ歯車(ストレートベベルギヤ)は、軸に対してまっすぐな歯筋を持つかさ歯車です。すぐばかさ歯車の特徴、用途、長所と短所については、こちらをご覧ください。

すぐばかさ歯車(ストレートベベルギヤ)の特徴と長所・短所について詳細を見る

曲がり歯かさ歯車は(スパイラルベベルギヤ)

曲がり歯かさ歯車は(スパイラルベベルギヤ)は、螺旋状の歯筋を持つかさ歯車です。曲がり歯かさ歯車の特徴や用途、長所と短所をご紹介します。曲がり歯(スパイラル)とはすば(ヘリカル)の違いについても触れました。

曲がり歯かさ歯車は(スパイラルベベルギヤ)の特徴と長所・短所について詳細を見る

ゼロールベベルギヤ

ゼロールベベルギヤの歯筋は、ねじれ角を持たない曲線になっています。曲線によって噛み合い率を高めながら、ねじれ角をゼロ(10度未満)にすることでスラスト荷重を小さく抑えたゼロールベベルギヤの長所と短所、主な用途をご紹介します。

ゼロールベベルギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

ハイポイドギヤ

ハイポイドギヤはかさ歯車の一種ですが、他のかさ歯車が交差軸歯車であるのに対し、ハイポイドギヤは食い違い軸歯車に分類されます。ハイポイドギヤの特徴や用途、長所と短所を解説しました。

ハイポイドギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

ウォームギヤ

ウォームギヤは、ネジを切られたシャフトであるウォームと、ウォームに噛み合う歯車であるウォームホイールを組み合わせたもの。ウォームとウォームホイールをセットでウォームギヤと呼びます。ウォームギヤ特有の現象、用途、長所と短所などをご紹介しました。

ウォームギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

フェースギヤ

傘歯車のなかで、円錐部分が平面なっているものを指します。平歯車または斜歯歯車と組み合わせて使用します。平歯車のラックに相当する役割を担うといえるでしょう。ここでは、フェースギヤの概要や長所・短所などを解説しています。

フェースギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

ゼネバ歯車

連続回転運動を断続回転運動に変換する歯車です。原動歯車のピンが従動歯車の溝に入っているときだけ回転するためこのような変換を行えます。主な長所は形状がシンプルで設計しやすいことです。ここではゼネバ歯車の概要、長所・短所などを解説いたします。

ゼネバ歯車の特徴と
長所・短所について詳細を見る

ねじ歯車

はすば歯車を組み合わせた歯車です。連続した噛みあいが特徴で、静穏性と強度に優れています。一方で、大きな負荷がかかる箇所などでの使用には向いていません。主な用途は減速装置などです。ここではねじ歯車の特徴、長所・短所などを解説しています。

ねじ歯車の特徴と
長所・短所について詳細を見る

ノーバックラッシギヤ

バックラッシをなくしている歯車です。遊びをなくせるため、高精度な位置決めを求められる精密機器などで用いられます。ただし、構造によっては油膜切れで急激に摩耗する恐れがあります。ここでは、バックラッシギヤの概要や長所・短所などを解説しています。

ノーバックラッシギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

スプロケット

チェーンまたは軸の回転を伝えるホイールです。ギヤと似ていますが、歯が相互に噛みあうようにはなっていません。歯数を増やすと重いものでも動かしやすくなります。本記事では、スプロケットの概要、長所・短所などを紹介しています。

スプロケットの特徴と
長所・短所について詳細を見る

遊星歯車(プラネタリーギヤ)

太陽歯車・内歯車とともに遊星歯車機構を構成する歯車です。減速・増速・逆転機構として働く点が特徴です。主に自動車のトランスミッションなどに用いられています。ここでは遊星歯車の特徴、長所・短所・用途・製品例などを解説しています。

遊星歯車(プラネタリーギヤ)の特徴と
長所・短所について詳細を見る

マスターギヤ

両歯面噛み合い試験機、片歯面噛み合い試験機に設置して、製品ギヤの総合的な誤差測定を行うためのギヤです。具体的には、ピッチ噛み合い誤差・全噛み合い誤差などを測定できます。ここでは、マスターギヤの概要や長所・短所・製品例などを解説しています。

マスターギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

コニカルギヤ(テーパーギヤ)

円錐形をしている歯車です。軸方向に歯を連続的に転位している点が特徴といえるでしょう。バックラッシの調整などに用いられます。主な用途は自動車や工作機などです。ここでは、コニカルギヤ(テーパーギヤ)の概要、長所・短所などを詳しく解説しています。

コニカルギヤ(テーパーギヤ)の特徴と
長所・短所について詳細を見る

非円形歯車

楕円形・三角形・四角形など、円形ではない歯車を指します。回転速度を変えながら動力を伝えられる点が特徴です。印刷機など幅広い製品で用いられています。ここでは、非円形歯車の概要、長所・短所、用途、製品例などを解説しています。

非円形歯車の特徴と
長所・短所について詳細を見る

マグネットギヤ

歯を永久磁石に置き換えた歯車です。異極、同極の吸着、反発を活用して、非接触で動力を伝達します。発塵、発熱、騒音、振動などを抑えられる点が魅力といえるでしょう。ここでは、マグネットギヤの概要、長所・短所、製品例などを解説しています。

マグネットギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

リングギヤ

MT車のフライホイール、AT車のドライブプレート、デファレンシャルギヤに用いられる歯車です。エンジンの始動のほか、カーブにおける車輪の速度調整などに関わっています。ここでは、リングギヤの概要、長所・短所、製品例などを解説しています。

リングギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

セクターギヤ

自動車のステアリングギヤ機構などで用いられている歯車です。特徴は円の一部を活用して歯をカットした扇型をしていることといえるでしょう。一定角度内で往復運動をさせることなどができます。ここではセクターギヤの概要、長所・短所などを解説しています。

セクターギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

タイミングギヤ

主に自動車や船舶などで用いられている歯車です。エンジンでクランクシャフトの回転をカムシャフトへ伝達して、これらのタイミングを合わせる働きをしています。以下のページで、タイミングギヤの概要、用途、長所・短所などを詳しく解説しています。

タイミングギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

ガースギヤ

産業機械などで用いられている直径が大きい歯車です。周辺機器へ回転とトルクを伝達する役割を担います。作業環境などによっては、歯面が摩耗しやすい点に注意が必要です。以下のページでは、ガースギヤの特徴、長所・短所などを解説しています。

ガースギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

アイドラギヤ

内燃機関を動力源とする自動車の機構に使われている部品です。リダクション機能を付加し、部品のすき間を埋める役割によって、高出力エンジン搭載型の自動車にも使用されています。以下のページでは、アイドラギヤの特徴、長所・短所などを解説しています。

アイドラギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

シザースギヤ

自動車に使われているギヤ部品で、騒音や振動の低減に役立ちます。バックラッシュ音を低減したい場合に用いられ、シザースギヤに取り付けられたスプリングの張力ですき間を小さくします。以下のページでは、シザースギヤの特徴、長所・短所などを解説しています。

シザースギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

ファイナルギヤ

自動車のスピード調整に用いられている部品です。エンジンから入力された動力を減らし、車輪へと伝える役割があります。ディファレンシャルギアとともに作動し、車の乗り心地を向上させます。以下のページでは、ファイナルギヤヤの特徴、長所・短所などを解説しています。

ファイナルギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

転位歯車

転位歯車は、中心間距離に制約がある場合にその調整を行うことが可能です。また、歯元の切り下げ防止に用いられることもあります。転位歯車のデータは無料の計算ソフトを使用して算出できます。本記事では、転位歯車の概要や長所と短所などについて解説しています。

転位歯車の特徴と
長所・短所について詳細を見る

マイクロギヤ

マイクロギヤは精密機械や医療機器などに活用されている微小の歯車のことです。製造には高度な技術や特殊な機械が必要となりますが、近年マイクロギヤの需要は高まっています。本記事では、マイクロギヤとはどんなものなのか、どのような長所と短所があるのかについて解説しています。

マイクロギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

リバースギヤ

リバースギヤは、回転方向を変更させるギヤのことです。3つのギヤで構成されており、選択摺動式と常時噛み合い式の2つの動作方式があります。常時噛み合い式では2箇所で噛み合うため2倍の負荷を受けることから、業度の高い歯車であることが求められます。本記事では、リバースギヤの概要や、長所・短所について解説します。

リバースギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

ピンギヤ

ピンギヤを使用したピンギヤドライブユニットは、ターンテーブルや搬送台車など、さまざまな場面で活用されています。用途に応じたサイズに設計できるため、汎用性が高い点がメリットです。ピンギヤはユニットなどに合わせて設計するため、多くが単体ではなくセットで販売されています。

ピンギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

スピードメーターギヤ

スピードメーターギヤは、自動車やバイクなどのスピードメーターに必要な部品のひとつです。電気式メーターと比較して構造がシンプルなので、機能の正確性が高いメリットがあります。ただし、ギヤ比やギヤ自体の摩耗などによって速度の正確性が低くなる可能性があるため、定期的なメンテナンスが必要です。

スピードメーターギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

カップリングギヤ

カップリングギヤは、モーターなどの機器に動力を伝える部品です。歯車同士が噛み合うことで動力を伝えるため、振動や異音が発生する可能性がありますが、非接触動力伝達装置と呼ばれる「マグネットカップリング・マグネットギヤ」も展開されています。歯車同士の接触がないためこれらのデメリットを回避できます。

カップリングギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

カウンターギヤ

カウンターギヤは、主に自動車に利用されているギヤです。ギヤの回転をシャフトへ伝達することで、ギヤの変速を行えます。自動車には各ギヤに応じた複数のカウンターギヤが配置されています。そのほか、時計の秒針を逆回転させる際にもカウンターギヤを活用します。

カウンターギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

トランスファーギヤ

トランスファーギヤは、トランスファーに配置されているギヤです。エンジンからトランスミッションを介して送られる駆動力を、前後の車軸に分配する役割を果たします。トランスファーギヤを搭載した車両は、悪路も安定した走行を実現できる、車両の安定性が向上するなどのメリットがあります。

トランスファーギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

差動ギヤ

コーナー走行時は、内側と外側の車輪の移動距離が変わる「内輪差」が生じます。内輪差によるスリップなどのトラブルを防ぐために、差動ギヤによって内側と外側、それぞれの車輪の回転速度を調節します。差動ギヤを機能させることには、安定した走行が可能になる、走行性能が上がるために燃費が向上するなどのメリットがあります。

差動ギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

バランスシャフトギヤ

バランスシャフトを駆動するために用いられるバランスシャフトギヤは、樹脂で製造することでギヤ同士が噛み合う際に生じる振動や騒音を抑えられます。また樹脂を採用することで、金属製で製造する際に必要となる熱処理が不要となるため、製造コストを抑えることが可能です。

バランスシャフトギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

ダブルセクターギヤ

ダブルセクターギヤは、電子ガンに使用することが多いです。組み込むことでセクターギヤが1回転するごとに2回の発射を実現します。バッテリーの消費を抑えるなどのメリットがありますが、スピード感のある連射を可能にする分、本体への負荷が大きくなる点がデメリットです。

ダブルセクターギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

二段ギヤ

減速機構には高い強度を持つギヤが求められます。そこでよく用いられているのが二段ギヤです。二段ギヤとは1つのギヤの中に2つの平歯車が収められている部品のことで、1つの平歯車を2つ使用するよりも強度が高くなります。さらに組み立てが簡単であり、コストがかかりにくいこともメリットです。

二段ギヤの特徴と
長所・短所について詳細を見る

特徴的なニーズから探す品質に信頼のおける
ギヤ(歯車)メーカー

精度やサイズなど5つの特徴的なポイントにマッチするギヤメーカーを紹介しています。
【選定の条件】Googleにて「ギヤ メーカー」「歯車 メーカー」で検索し、100位までに公式サイトが表示されたメーカーの中から
①ギヤ加工の対応範囲が広い(一部の種類に特化していない)、②国際的な品質マネジメント規格ISO9001を取得している、または、「日本歯車工業会」所属のメーカーから、各条件に適したメーカーから紹介しています。
(Google検索は2022年7月1日時点、①②は2022年7月調査時点)


※以下の根拠をもとに選出しています。
【高精度】…機械加工技能士「特級」保有者の数が最多、高性能な設備(ハイエンド/上位機種)の導入 【既存歯車の再現】…複製技術に強み、複製がプラン化されている
【標準歯車】…標準歯車の取扱い製品数が最多
【特大サイズ】…公表されている加工設備の対応サイズの中で最大  【極小サイズ】…商品化されている製品の中でモジュールが最小

TYPE
欲しいギヤ(歯車)のタイプ
高精度な歯車がほしい
菊地歯車

「特級技能士」資格を持つ
熟練技術者×先端技術高精度な
試作・開発に安定的に対応

  • 安全性保証のために、高い技術を要する航空宇宙・防衛産業に特化した国際規格「JIS Q 9100」を2009年に取得。
  • 機械加工技能士「特級」10名(2022年8月時点)をはじめ熟練技術者と充実した先端の研削機械を保有。JIS0(ゼロ)級の1/1000単位の精度を実現、特殊な歯車など多様な歯車を安定供給できる生産体制を持つ。
  • 自動車
  • 航空・宇宙
  • 油圧機器
  • 建設機器
  • 工作機械
  • 産業機械
  • 印刷機械
  • そのほか

公式サイトを見る

さらに詳しく見る

既存の歯車を複製したい
金子歯車工業

破損した歯車を正確に再現
図面要らずの歯車複製サービスを展開

  • 破損したギヤから図面を起こして再製作。図面化から製作までを一貫体制で行うことで、高精度な再現をスピーディに行い、早期の再稼働を実現。
  • 急ぐ場合は応急的に代わりとなるテンポラリ・ギヤを製作して提供。設備の停止を最小限に留めるようサポート
  • 自動車
  • 医療
  • 航空
  • 防衛
  • そのほか

公式サイトを見る

さらに詳しく見る

標準歯車がほしい
小原歯車工業

200品目、30,000種(2021年度版)の
カタログによる標準歯車の販売

  • WEBカタログは、標準歯車20000点の中から選べ、1個からの注文が可能
  • 平歯車、はすば歯車、インターナルギヤ、ラック&ピニオン、ベベルギヤ、ネジ歯車、ウォームギヤなどに対応、一部オーダーメイドにも対応
  • 産業用機械
  • 工作機械
  • 油圧機器
  • そのほか

公式サイトを見る

さらに詳しく見る

SIZE
特別なサイズのギヤ(歯車)
特大サイズの歯車がほしい
大和歯車製作

最大直径3500mm
各種大型の歯車を得意とするメーカー

  • 工作機械や航空機をはじめ、鉄道車輌、船舶など、大型の歯車を得意とする。歯切仕上なら直径3500mm、歯面研削仕上なら直径2000mmといった大型サイズの各種歯車に対応。
  • 航空宇宙・防衛産業に特化した国際規格「JIS Q 9100」を2012年に取得
  • 工作機械
  • 船舶
  • 航空機
  • 産業機械
  • 発電機
  • 印刷機械
  • 車両
  • そのほか
直径 ~φ3500mm

公式サイトを見る

さらに詳しく見る

極小サイズの歯車がほしい
前田精密製作所

最小0.25ミリメートルピッチ
精密機械向けの極小歯車に対応できる

  • 医療機器産業に特化した品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO 13485」を取得、医療機器や精密機械の極小歯車への技術は折り紙付き。
  • 0.25ミリメートルピッチの0.08モジュールの歯車、外径10ミリメートルの減速機を商品化
  • 医療
  • 半導体
  • 精密機械部品
  • 油圧機器
  • 航空・宇宙
  • ロボット
  • そのほか
モジュール m=0.08~

公式サイトを見る

さらに詳しく見る