ギヤの課題は
こう解決する!
ギヤの課題解決!事例
HAGURUMAGAZINE

ガースギヤ

自社に合った ギヤ(歯車)製造・加工メーカーが見つかる!はぐるマガジン » 種類別 ギヤ(歯車)の特徴と用途 » ガースギヤ

ガースギヤは、産業機械などで用いられることが多い大型の歯車です。製造にあたっては優れた技術力を求められます。ここでは、ガースギヤの概要と長所・短所を解説するとともにガースギヤの製品事例を紹介しています。

ガースギヤとは

ガースギヤは、直径が大きいリングギヤを指します。

例えば、直径10mを超えるガースギヤなどもあります。ガースギヤの多くは、複数のセグメントで構成されています。各セグメントをボルトで連結して、1つのガースギヤを組み立てることが一般的です。この特徴により、メンテンナンス性などが高まります。

ギヤの円周上に多くの歯を等間隔で配置していることも特徴です。ただし、具体的な直径や歯数は製品により異なります。ガースギヤは、鉱業やセメント関連の機器などで使用されることが少なくありません。大きな負荷がかかるため、耐久性や耐摩耗性などに優れた原材料を用いたものが多いといえるでしょう。

ガースギヤの長所と短所

長所

ガースギヤの主な長所は、周辺機器へ回転とトルクを伝えられることです。重機などで重要な構成要素になることが考えられます。また、トルクを効率よく伝えられる点やメンテナンス性が高い点なども長所としてあげられます。

メンテナンス性の高さは、主に複数のセグメントで構成されることにより導き出されるといえるでしょう。さまざまな長所を備えるため、用途によっては使い勝手のよいギヤになる可能性があります。

短所

ガースギヤには、注意したいデメリットもあります。代表的なデメリットといえるのが、使用条件などによっては歯面が摩耗しやすいことです。

もちろん、多くの製品は必要な対策を講じていますが、作業環境や潤滑油に含まれる砂などの影響で摩耗が進んでしまうことがあります。原材料を慎重に選定する、必要な加工を行う、作業環境を整備するなどの対策を求められるケースが多いでしょう。

主な用途(対応している分野)

他の分野に対応している
ギヤ(歯車)を見つける

ガースギヤの製品例

川島製作所の例

引用元:川島製作所公式サイト
(https://kawashima-mfg.co.jp/ct01/#02)

川島製作所の例

川島製作所は、1940年の創業から大型歯車・特殊歯車の製造と加工を行ってきた事業者です。現在は、φ50~φ600を小型歯車、φ600~2,000を中型歯車、φ2,000~6,000を大型歯車と区分けして、各種歯車の製造を行っています。

具体的には、外歯歯車・内歯歯車・ベベルギヤ・Wヘリカルギヤに加えて、ガースギヤなどに対応しています。過去には、M30×Z156×W300のガースギヤを製作した実績があります。

植田鉄工所の例

引用元:植田鉄工所公式サイト
(http://www.ueda-tekkosho.co.jp/products/index.html)

植田鉄工所の例

植田鉄工所は、大阪市に本社を構えて各種大型歯車の設計・製造を行っている事業者です。

高度化するニーズに対応するため、歯車加工技術を含む総合力の引き上げを目指しています。過去には、外径7,460mm、22.6トンの平歯車、外径6,900mm、26.3トンの平歯車、外径6,540mm、23.5トンの平歯車(いずれもガースギヤ)を製作した実績があります。

そのほかのギヤ(歯車)の種類について、詳細はこちら

特徴的なニーズから探す品質に信頼のおける
ギヤ(歯車)メーカー

精度やサイズなど5つの特徴的なポイントにマッチするギヤメーカーを紹介しています。
【選定の条件】Googleにて「ギヤ メーカー」「歯車 メーカー」で検索し、100位までに公式サイトが表示されたメーカーの中から
①ギヤ加工の対応範囲が広い(一部の種類に特化していない)、②国際的な品質マネジメント規格ISO9001を取得している、または、「日本歯車工業会」所属のメーカーから、各条件に適したメーカーから紹介しています。
(Google検索は2022年7月1日時点、①②は2022年7月調査時点)


※以下の根拠をもとに選出しています。
【高精度】…機械加工技能士「特級」保有者の数が最多、高性能な設備(ハイエンド/上位機種)の導入 【既存歯車の再現】…複製技術に強み、複製がプラン化されている
【標準歯車】…標準歯車の取扱い製品数が最多
【特大サイズ】…公表されている加工設備の対応サイズの中で最大  【極小サイズ】…商品化されている製品の中でモジュールが最小

TYPE
欲しいギヤ(歯車)のタイプ
高精度な歯車がほしい
菊地歯車

「特級技能士」資格を持つ
熟練技術者×先端技術高精度な
試作・開発に安定的に対応

  • 安全性保証のために、高い技術を要する航空宇宙・防衛産業に特化した国際規格「JIS Q 9100」を2009年に取得。
  • 機械加工技能士「特級」10名(2022年8月時点)をはじめ熟練技術者と充実した先端の研削機械を保有。JIS0(ゼロ)級の1/1000単位の精度を実現、特殊な歯車など多様な歯車を安定供給できる生産体制を持つ。
  • 自動車
  • 航空・宇宙
  • 油圧機器
  • 建設機器
  • 工作機械
  • 産業機械
  • 印刷機械
  • そのほか

公式サイトを見る

さらに詳しく見る

既存の歯車を複製したい
金子歯車工業

破損した歯車を正確に再現
図面要らずの歯車複製サービスを展開

  • 破損したギヤから図面を起こして再製作。図面化から製作までを一貫体制で行うことで、高精度な再現をスピーディに行い、早期の再稼働を実現。
  • 急ぐ場合は応急的に代わりとなるテンポラリ・ギヤを製作して提供。設備の停止を最小限に留めるようサポート
  • 自動車
  • 医療
  • 航空
  • 防衛
  • そのほか

公式サイトを見る

さらに詳しく見る

標準歯車がほしい
小原歯車工業

200品目、30,000種(2021年度版)の
カタログによる標準歯車の販売

  • WEBカタログは、標準歯車20000点の中から選べ、1個からの注文が可能
  • 平歯車、はすば歯車、インターナルギヤ、ラック&ピニオン、ベベルギヤ、ネジ歯車、ウォームギヤなどに対応、一部オーダーメイドにも対応
  • 産業用機械
  • 工作機械
  • 油圧機器
  • そのほか

公式サイトを見る

さらに詳しく見る

SIZE
特別なサイズのギヤ(歯車)
特大サイズの歯車がほしい
大和歯車製作

最大直径3500mm
各種大型の歯車を得意とするメーカー

  • 工作機械や航空機をはじめ、鉄道車輌、船舶など、大型の歯車を得意とする。歯切仕上なら直径3500mm、歯面研削仕上なら直径2000mmといった大型サイズの各種歯車に対応。
  • 航空宇宙・防衛産業に特化した国際規格「JIS Q 9100」を2012年に取得
  • 工作機械
  • 船舶
  • 航空機
  • 産業機械
  • 発電機
  • 印刷機械
  • 車両
  • そのほか
直径 ~φ3500mm

公式サイトを見る

さらに詳しく見る

極小サイズの歯車がほしい
前田精密製作所

最小0.25ミリメートルピッチ
精密機械向けの極小歯車に対応できる

  • 医療機器産業に特化した品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO 13485」を取得、医療機器や精密機械の極小歯車への技術は折り紙付き。
  • 0.25ミリメートルピッチの0.08モジュールの歯車、外径10ミリメートルの減速機を商品化
  • 医療
  • 半導体
  • 精密機械部品
  • 油圧機器
  • 航空・宇宙
  • ロボット
  • そのほか
モジュール m=0.08~

公式サイトを見る

さらに詳しく見る