ギヤの課題は
こう解決する!
ギヤの課題解決!事例
HAGURUMAGAZINE

マグネットギヤ

自社に合った ギヤ(歯車)製造・加工メーカーが見つかる!はぐるマガジン » 種類別 ギヤ(歯車)の特徴と用途 » マグネットギヤ

ここでは、マグネットギヤの概要、長所・短所、主な用途、製品例などを解説しています。

マグネットギヤとは

磁力の吸引・反発を利用して非接触で動力を伝達する歯車です。具体的には、歯車の歯を永久磁石に置き換えた構造になっています。これによりS極とN極の吸引、S極とS極、N極とN極の反発を生み出して動力を伝達します。マグネットギヤの主な役割は、一般的な歯車と同じです。つまり、条件が整えば一般的な歯車を、マグネットギヤに置き換えることができます。

マグネットギヤの長所と短所

長所

代表的なメリットは、ギヤ同士が接触しないため摩耗によるパーティクル(発塵)がないことです。クリーンルーム内の装置でも、ギヤの接触部分をアクリルなどで覆って排気を取る必要は基本的にありません。同様の理由で、メンテナンスの手間を省ける点も魅力です。一般的なギヤに比べて、グリスをさす、ギヤを交換するなどのメンテナンスにかける時間や費用を減らせます。導入・維持にかかるコストを抑えつつ、稼働率アップも期待できます。非接触であるため、騒音や振動がほとんどない点、発熱しない点も見逃せません。厳しい基準が設けられた環境でも導入できることがあります。

以上のほかでは、マグネットギヤの間に遮蔽物があっても動力を伝達できることもメリットとしてあげられます。条件によっては、密閉された環境でも問題なく設置できます。大きなトルクがかかったときに、安全装置として働く点も魅力といえるでしょう。装置の破損や事故の予防にも役立つ可能性があります。

短所

マグネットギヤは強力な永久磁石を使用しています。したがって、作業員が身に着けている精密機械などに悪影響を及ぼす恐れがあります。導入時や使用時は十分な注意が必要です。また、磁石部分からの距離によっては、周辺の機器へ影響を与えることも考えられます。環境によっては、磁場の解析などが必要になるでしょう。

設置時にマグネットギヤ同士が吸着することがある点にも注意が必要です。サイズによっては自力で外せないことがあります。また、巻き込まれてケガをすることも考えられます。これらの点も気を付けたいポイントです。隙間の広さで最大トルクが変化することも理解しておかなければなりません。具体的には、隙間が狭いと大きく、広いと小さくなります。最大トルクを考えて設計する必要があります。

主な用途(対応している分野)

他の分野に対応している
ギヤ(歯車)を見つける

マグネットギヤの製品例

ビープロの例

引用元:BPRO公式サイト
(https://www.bpro.jp/product/magear/magear01.htm)

ビープロの例

独自の非接触メカニズムを採用したマグネットギヤを展開しています。高速・低速でも滑らかに動作する点が強みです。製品によっては、同じ外形で異なる磁極数のものを用意しています。

テクノライズの例

引用元:テクノライズ株式会社公式サイト
(https://www.technorise.ne.jp/products/magnet-gear.php)

テクノライズの例

NdFeBマグネットを用いたマグネットギヤです。太陽電池、有機ELなどの生産ラインで用いられています。幅広い製品サイズを用意しています。

そのほかのギヤ(歯車)の種類について、詳細はこちら

特徴的なニーズから探す品質に信頼のおける
ギヤ(歯車)メーカー

精度やサイズなど5つの特徴的なポイントにマッチするギヤメーカーを紹介しています。
【選定の条件】Googleにて「ギヤ メーカー」「歯車 メーカー」で検索し、100位までに公式サイトが表示されたメーカーの中から
①ギヤ加工の対応範囲が広い(一部の種類に特化していない)、②国際的な品質マネジメント規格ISO9001を取得している、または、「日本歯車工業会」所属のメーカーから、各条件に適したメーカーから紹介しています。
(Google検索は2022年7月1日時点、①②は2022年7月調査時点)


※以下の根拠をもとに選出しています。
【高精度】…機械加工技能士「特級」保有者の数が最多、高性能な設備(ハイエンド/上位機種)の導入 【既存歯車の再現】…複製技術に強み、複製がプラン化されている
【標準歯車】…標準歯車の取扱い製品数が最多
【特大サイズ】…公表されている加工設備の対応サイズの中で最大  【極小サイズ】…商品化されている製品の中でモジュールが最小

TYPE
欲しいギヤ(歯車)のタイプ
高精度な歯車がほしい
菊地歯車

「特級技能士」資格を持つ
熟練技術者×先端技術高精度な
試作・開発に安定的に対応

  • 安全性保証のために、高い技術を要する航空宇宙・防衛産業に特化した国際規格「JIS Q 9100」を2009年に取得。
  • 機械加工技能士「特級」10名(2022年8月時点)をはじめ熟練技術者と充実した先端の研削機械を保有。JIS0(ゼロ)級の1/1000単位の精度を実現、特殊な歯車など多様な歯車を安定供給できる生産体制を持つ。
  • 自動車
  • 航空・宇宙
  • 油圧機器
  • 建設機器
  • 工作機械
  • 産業機械
  • 印刷機械
  • そのほか

公式サイトを見る

さらに詳しく見る

既存の歯車を複製したい
金子歯車工業

破損した歯車を正確に再現
図面要らずの歯車複製サービスを展開

  • 破損したギヤから図面を起こして再製作。図面化から製作までを一貫体制で行うことで、高精度な再現をスピーディに行い、早期の再稼働を実現。
  • 急ぐ場合は応急的に代わりとなるテンポラリ・ギヤを製作して提供。設備の停止を最小限に留めるようサポート
  • 自動車
  • 医療
  • 航空
  • 防衛
  • そのほか

公式サイトを見る

さらに詳しく見る

標準歯車がほしい
小原歯車工業

200品目、30,000種(2021年度版)の
カタログによる標準歯車の販売

  • WEBカタログは、標準歯車20000点の中から選べ、1個からの注文が可能
  • 平歯車、はすば歯車、インターナルギヤ、ラック&ピニオン、ベベルギヤ、ネジ歯車、ウォームギヤなどに対応、一部オーダーメイドにも対応
  • 産業用機械
  • 工作機械
  • 油圧機器
  • そのほか

公式サイトを見る

さらに詳しく見る

SIZE
特別なサイズのギヤ(歯車)
特大サイズの歯車がほしい
大和歯車製作

最大直径3500mm
各種大型の歯車を得意とするメーカー

  • 工作機械や航空機をはじめ、鉄道車輌、船舶など、大型の歯車を得意とする。歯切仕上なら直径3500mm、歯面研削仕上なら直径2000mmといった大型サイズの各種歯車に対応。
  • 航空宇宙・防衛産業に特化した国際規格「JIS Q 9100」を2012年に取得
  • 工作機械
  • 船舶
  • 航空機
  • 産業機械
  • 発電機
  • 印刷機械
  • 車両
  • そのほか
直径 ~φ3500mm

公式サイトを見る

さらに詳しく見る

極小サイズの歯車がほしい
前田精密製作所

最小0.25ミリメートルピッチ
精密機械向けの極小歯車に対応できる

  • 医療機器産業に特化した品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO 13485」を取得、医療機器や精密機械の極小歯車への技術は折り紙付き。
  • 0.25ミリメートルピッチの0.08モジュールの歯車、外径10ミリメートルの減速機を商品化
  • 医療
  • 半導体
  • 精密機械部品
  • 油圧機器
  • 航空・宇宙
  • ロボット
  • そのほか
モジュール m=0.08~

公式サイトを見る

さらに詳しく見る