ギヤの課題は
こう解決する!
ギヤの課題解決!事例
HAGURUMAGAZINE

差動ギヤ

自社に合った ギヤ(歯車)製造・加工メーカーが見つかる!はぐるマガジン » 種類別 ギヤ(歯車)の特徴と用途 » 差動ギヤ

差動ギヤはいろいろな機械に使用されているギヤです。自動車においてはカーブを走行する際にスムーズな迂回を行うために使用されます。本記事では差動ギヤの概要や、長所・短所、製造事例をご紹介します。

差動ギヤとは

差動ギヤは、「デフ」や「デファレンシャルギヤ」と呼ばれるギヤです。自動車の走行時、カーブに差し掛かると内側と外側の異動距離が変わります。内側よりも外側のタイヤのほうが、移動距離が大きくなるのが「内輪差」です。内輪差の対策をしないと、内側のタイヤがスリップしてしまうため、差動ギヤによって内輪の車輪の回転を遅くし、内側の車輪の回転を早くすることで内輪差の調整を行います。

2WDの車両は、FFはフロントへ、FRはリアに各駆動輪につきひとつの差動ギヤを搭載し、4WDの車両では、フロントとリアにひとつずつ、2個の差動ギヤを搭載します。4WD車では、より前輪と後輪の内輪差を軽減するために、3つの作動ギヤを搭載しているモデルも多いです。

差動ギヤは自動車の走行において優れた性能を発揮しますが、スリップしたり溝に落ちてしまい、負荷のかからない状態になると、車輪が空転してしまう点がリスクです。この問題を解決するために「差動制限装置」が開発され、多くの車両に搭載されています。差動制限装置には2つのタイプがあり、ひとつは、無負荷状態になっているほうのサイドギヤに摩擦抵抗を発生させて、差動作用をコントロールするものです。もうひとつは、クラッチを機能させて差動作用を起こさないようにするものもあります。

差動ギヤの長所と短所

長所

内輪差を軽減することに加え、車輪の回転速度を調整することでタイヤの摩耗を抑えられるという長所があります。差動ギヤによってタイヤの寿命が長くなるのは大きなメリットです、また、エンジンから送られる駆動力を適切に分配することにより、状況に適した走行を実現できます。適切な走行が実現できれば、燃費の向上にもつながります。

短所

片方の車輪が無負荷状態になると空転しやすいという短所のほかに、車両価格が高くなるリスクがあります。差動ギヤは高価な機械になるため、搭載されている車両も高価な車種が多いです。

また、メンテナンスが難しいというデメリットがあります。差動ギヤは精密に配置されている機械なので、故障のリスクがあります。そして、故障した際に自分で修理対応ができないケースも少なくありません。業者に修理を依頼すると費用がかかり、故障状況によっては費用が高額になる可能性もあります。

さらに、適切な走行によって燃費の向上が期待できる反面、差動ギヤを配置することによって車両重量が重くなり、その分燃費が悪くなる可能性がある点もデメリットのひとつです。

主な用途(対応している分野)

他の分野に対応している
ギヤ(歯車)を見つける

差動ギヤの製品例

ジェイテクトギヤシステムの例

引用元:ジェイテクトギヤシステム公式HP
(https://www.gear.jtekt.co.jp/product/automotive/)

ジェイテクトギヤシステムの例

ジェイテクトギヤシステムではさまざまなギヤを製造しており、差動ギヤの製造にも対応しています。大きさのバリエーションも豊富です。

そのほかのギヤ(歯車)の種類について、詳細はこちら

特徴的なニーズから探す品質に信頼のおける
ギヤ(歯車)メーカー

精度やサイズなど5つの特徴的なポイントにマッチするギヤメーカーを紹介しています。
【選定の条件】Googleにて「ギヤ メーカー」「歯車 メーカー」で検索し、100位までに公式サイトが表示されたメーカーの中から
①ギヤ加工の対応範囲が広い(一部の種類に特化していない)、②国際的な品質マネジメント規格ISO9001を取得している、または、「日本歯車工業会」所属のメーカーから、各条件に適したメーカーから紹介しています。
(Google検索は2022年7月1日時点、①②は2022年7月調査時点)


※以下の根拠をもとに選出しています。
【高精度】…機械加工技能士「特級」保有者の数が最多、高性能な設備(ハイエンド/上位機種)の導入 【既存歯車の再現】…複製技術に強み、複製がプラン化されている
【標準歯車】…標準歯車の取扱い製品数が最多
【特大サイズ】…公表されている加工設備の対応サイズの中で最大  【極小サイズ】…商品化されている製品の中でモジュールが最小

TYPE
欲しいギヤ(歯車)のタイプ
高精度な歯車がほしい
菊地歯車

「特級技能士」資格を持つ
熟練技術者×先端技術高精度な
試作・開発に安定的に対応

  • 安全性保証のために、高い技術を要する航空宇宙・防衛産業に特化した国際規格「JIS Q 9100」を2009年に取得。
  • 機械加工技能士「特級」10名(2022年8月時点)をはじめ熟練技術者と充実した先端の研削機械を保有。JIS0(ゼロ)級の1/1000単位の精度を実現、特殊な歯車など多様な歯車を安定供給できる生産体制を持つ。
  • 自動車
  • 航空・宇宙
  • 油圧機器
  • 建設機器
  • 工作機械
  • 産業機械
  • 印刷機械
  • そのほか

公式サイトを見る

さらに詳しく見る

既存の歯車を複製したい
金子歯車工業

破損した歯車を正確に再現
図面要らずの歯車複製サービスを展開

  • 破損したギヤから図面を起こして再製作。図面化から製作までを一貫体制で行うことで、高精度な再現をスピーディに行い、早期の再稼働を実現。
  • 急ぐ場合は応急的に代わりとなるテンポラリ・ギヤを製作して提供。設備の停止を最小限に留めるようサポート
  • 自動車
  • 医療
  • 航空
  • 防衛
  • そのほか

公式サイトを見る

さらに詳しく見る

標準歯車がほしい
小原歯車工業

200品目、30,000種(2021年度版)の
カタログによる標準歯車の販売

  • WEBカタログは、標準歯車20000点の中から選べ、1個からの注文が可能
  • 平歯車、はすば歯車、インターナルギヤ、ラック&ピニオン、ベベルギヤ、ネジ歯車、ウォームギヤなどに対応、一部オーダーメイドにも対応
  • 産業用機械
  • 工作機械
  • 油圧機器
  • そのほか

公式サイトを見る

さらに詳しく見る

SIZE
特別なサイズのギヤ(歯車)
特大サイズの歯車がほしい
大和歯車製作

最大直径3500mm
各種大型の歯車を得意とするメーカー

  • 工作機械や航空機をはじめ、鉄道車輌、船舶など、大型の歯車を得意とする。歯切仕上なら直径3500mm、歯面研削仕上なら直径2000mmといった大型サイズの各種歯車に対応。
  • 航空宇宙・防衛産業に特化した国際規格「JIS Q 9100」を2012年に取得
  • 工作機械
  • 船舶
  • 航空機
  • 産業機械
  • 発電機
  • 印刷機械
  • 車両
  • そのほか
直径 ~φ3500mm

公式サイトを見る

さらに詳しく見る

極小サイズの歯車がほしい
前田精密製作所

最小0.25ミリメートルピッチ
精密機械向けの極小歯車に対応できる

  • 医療機器産業に特化した品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO 13485」を取得、医療機器や精密機械の極小歯車への技術は折り紙付き。
  • 0.25ミリメートルピッチの0.08モジュールの歯車、外径10ミリメートルの減速機を商品化
  • 医療
  • 半導体
  • 精密機械部品
  • 油圧機器
  • 航空・宇宙
  • ロボット
  • そのほか
モジュール m=0.08~

公式サイトを見る

さらに詳しく見る